つま先立ちを通している

アクションでシェイプアップをしようと考えた例、それなりに著しいアクションをしないと効果が出ないのではないかと思ってしまいますが、必ずしもそんな事はありません。
もちろん、シェイプアップのために特別に考えたアクション献立をやりこなすのも一案ですし、それを苦にせず出来るのならなので良いと思います。
ただし、アクションから遠ざかった生活をしている人の場合だと、運動をする事は随分ハードルが高いものです。
例に抜かりず、私もアクションからは遠ざかっているので、シェイプアップはしよけど、アクションは苦手…という人間だ。
こんな私でも、長い物事継続して行っている、何とも簡単なアクションがあります。
それは、アクションにつきだけにタームを割けないので、普段の身辺の中で、何気ない動きに負荷をかけるという戦略だ。

たとえばエレベーターやエスカレーターによって手順をプライオリティ類に使用し、可能であれば登るようにしています。
手順によるようになった事で、ヒップ出稿成果がありました。

自宅で洗い物や、歯みがきなどして立って掛かるだけの時は、つま先立ちを通している。
単にこれだけの事で、ヒップ出稿という、大腿の後ろ側のLINEをあっさりさせる事が出来ました。

また、何をしている時でも、気が付いたときは必ずやお腹に力を入れてあかすように心がけている。
腹筋運動をするによって引き続き手軽に、気が付いたときにいつでも出来るので、お腹を引き締めるには心から良い方法だ。
私の場合は、3お天道様ほどでお腹がいくぶん引き締まったように感じました。

その他、近所に件があるときは極力車は使わず、歩き、または自転車によるようにしています。
あるくときは、姿勢を正して、なるたけ早足で、少しだけ大股で、スタスタといったあるくようにしています。
あるくタームを腹一杯作り上げるようになってから、たまに食べ過ぎてしまっても、体重が増える事が無くなり、太りがたくなったように感じます。

以上のように、普段の生活に少しの工夫をする事で無理なくシェイプアップをする事が出来ました。こむら返り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です